ボタン木工所 


香川県の山奥にある家具屋です。オリジナル家具とオーダーの木工製品を中心に、新入荷の古道具などを紹介しています。
by botanfurniture
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ホワイトオークのテーブル

e0141202_2024934.jpg
お客様のオーダーで作ったテーブルを紹介します。

お客様のご希望はコップのシミなどが付いても気にならないラフで重厚な感じということで、ホワイトオークのラフ材で無塗装で仕上げる事にきめました。ラフ材のテーブルは僕も好きですし得意とするところなので楽しくできました。

気をつける事は節の位置と荒木の部分をどのくらい残すかですが、食事などで邪魔にならないように配置する事、あとはテーブルの天板をじっくり眺めて決定します。

このテーブルはすごく重いので十分な強度が出せるよう今回足まわりの木の接合は2枚ホゾで貫きにして、さらに楔をたたき込みました。

天板の厚みが55ミリあるので作業の途中、何度か腰が悲鳴をあげつつなんとか完成出来ました。配達を依頼したクロネコヤマトのお兄さんも苦笑いしながらも流石はプロ無事に納品してくれました。

何もしてないので木そのままの手触りと香りがするのでオイルフィニッシュより自然仕上がりだと言えます。


e0141202_2055086.jpg取り扱いについて

オイルフィニッシュすらしてないので、コップの輪ジミは付くし手垢や汚れも付くと取れにくいです。でもそれでイイんだと思います。気になる汚れは布巾でゴシゴシこすればいいし、気になるキズはまた削ればいいんです。
また同じモノでも使う人によってそれぞれ違った表情になると思います。
日々の生活と共に変化する「食卓を彩るツール」として使ってみてはいかがですか。

サイズ  幅2000ミリ  奥行き1000ミリ  高さ730ミリ
[PR]
by botanfurniture | 2009-05-26 23:07 | 家具 机・テーブル

古い学校椅子と机

e0141202_2152533.jpg

古い学校椅子と机を修理しました。今回の仕事は割れた部材の交換、ゆるんだホゾの再接合などですが一番の仕事は洗う事でした。水をかけながら、ひたすらタワシでゴシゴシゴシゴシこするんです。水洗いは表面の汚れを落とすことによって、古美を残しつつ木本来の表情を浮かびあがらせることができるんです。
e0141202_2111245.jpg
はっきり言ってボロボロです。一応使えるように直していますが子供用なので大人の方は小さすぎて使えません。花台など部屋のアクセントに使っていただくと哀愁を感じられるモノだと思います。
e0141202_2114178.jpg
現在お店で展示販売しています。数は上記写真に写っているだけになります。
[PR]
by botanfurniture | 2009-05-22 22:16 | 古い家具・道具


ボタン木工所
〒768-0052
香川県観音寺市粟井町4190-4

TEL/FAX 
0875-27-8478

メールアドレス 
botan-furniture@i.softbank.jp


リンク

うがかな
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧