ボタン木工所 


香川県の山奥にある家具屋です。オリジナル家具とオーダーの木工製品を中心に、新入荷の古道具などを紹介しています。
by botanfurniture
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

椅子

日本工業規格にのっとって作った椅子。
男性が座っても安定感がある大きさです。

背もたれは古い椅子を元にしています。
この可愛らしい透かし彫りから推測すると
ピアノ椅子として使われてたんじゃないかな、って
職人が言ってました。
e0141202_22493489.jpg

座前幅35×座後幅42.5×奥行44×全高さ85センチ
[PR]
by botanfurniture | 2008-09-27 23:02 | 家具 椅子・ソファ

小ぶりの椅子

古い椅子を元に作った小ぶりの椅子。
日本工業規格よりは小さめです。

女性や子供さんにはこのくらいのサイズが
ちょうどいいと感じるかもしれません。
e0141202_22513796.jpg

座前幅34×座後幅41×奥行41×全高さ80センチ
[PR]
by botanfurniture | 2008-09-27 22:51 | 家具 椅子・ソファ

赤い大きな棚

本棚にどうですか。

ボタンの職人は晴耕雨読をモットーにしているそうです。
彼の場合は「耕」ではなく、木工の「工」ですけど。

ボタンがおすすめする晴耕雨読な毎日は
こんな本棚を身近に置くことから始まります。
なーんてね。

清掃と補修済み。

ボタンでは基本的に使用に問題がない程度に補修しています。
引き戸や引出しの開け閉めがスムーズにできる、
虫食いの穴は和紙を貼ってふさぐ、
椅子ならぐらつかないようにする、とか。

この本棚の場合、例えば、棚板の古さが気になるという方もいるかもしれません。
そのときは新しい棚板に入れ替えることもできます。
またオイルを塗ることでシミは随分目立たなくなります。
でも手間をかければかけるほど、価格に反映されてしまいます。

ですから、補修は最低限にしておいて
あとはお客さんの要望に応じて仕上げたいというのが
ボタンの職人の考え方です。
e0141202_2246486.jpg

サイズ 高さ172センチ×幅119センチ×奥行き35センチ
価格7万円
[PR]
by botanfurniture | 2008-09-27 22:47 | 古い家具・道具

古い前掛け SOLD OUT

昭和30年~40年ごろに
商店などで普通に使われていた
藍染め、木綿の前掛けです。

写真の二点はどちらも、未使用ですが古いものです。

重いものを運ぶことが多い
酒屋さんは今でも使っているようです。
先日見かけました。

トートバッグや携帯電話を入れるケースにリメイクしたり
パッチワークの素材として使っても面白いと思います。

インターネットでリサーチしたところ
丈夫な働く布であるこんな前掛けが
今、ちょっと人気があるみたいです。
e0141202_14424192.jpg

サイズ 74センチ×46センチ
[PR]
by botanfurniture | 2008-09-27 14:43 | 古い家具・道具

両袖机

天板のベニヤ板が古くなっていたので張り替えました。
言われてもとそうだとわからないくらい
一体感のある仕上がりです。

引出しの真鍮の取っ手に経年変化のいい味が出ています。

9杯ある引出しの前面には、シンプルな彫りが施されており
丁寧かつしっかりしたつくりです。
e0141202_2334319.jpg

サイズ 天板60×120×高さ73センチ
[PR]
by botanfurniture | 2008-09-20 15:36 | 古い家具・道具

桐の箱

入れるものに応じて桐の箱、作ります。
仕切りもできます。

桐は燃えにくい、湿度を適度に逃がす、軽いなどの特徴があり、
古くから大切なものを保存するために様々な形で利用されてきました。

桐箪笥はみなさんもご存知だと思います。
骨董品などを保存する箱も桐が使われていることが多いそうです。

着物や骨董品でなくても、ポストカードや写真を入れたりするのにいかがでしょうか。
薬や筆記用具など普段使うものを収納してもいいですよね。

そういえば私は小さいときに寄木細工が施された小箱を持っていました。
手先が器用だった祖父が作ってくれたものです。
宝箱として大切にしていました。
海で拾った貝殻やビーズ、きれいな折り紙、
それからミニチュアのウサギやリスなんかを入れてたっけ。

私の娘も「今度お誕生日が来たら、この箱欲しいなぁ」だって。
小さな女の子はだれしも大切にしまっておきたい
こまごまとした宝物があるのでしょうね。
e0141202_1535055.jpg

サイズ (小)26×13×6.4センチ  (大)30×15×6.4センチ
価格 4000円ぐらいから
[PR]
by botanfurniture | 2008-09-20 15:27 | 生活道具

昔の職人の仕事って

「昔の職人はいい仕事をしていた」
とは、よく言われることですが、
ボタンの職人からすると
「そうでもない」そうです。

ボタンでは古い家具(主に昭和時代)の
修理、販売もしていますが
その家具たちは材料はあまり良いものを使っていないし
つくりも粗いのだと。

例えば、よく古い家具の棚板や天板が反ったり、
引出しが閉まりにくくなったりするのは
よく乾いたいい木を使っていないことが
原因であることが多いそうです。

今は机の天板には見た目の美しさを重視して
釘などを打たないで作るのが普通ですが
昔の家具をみると天板を釘打ちしてあったりすることもあります。
(でも釘がさびて、服などがひっかかると困るので
小さな木でカバーしてあったりします)

それから、昔は人件費が今ほど高くなかったので、
既製品は使わず手間をかけた方が安く作れました。

ボタンにある古い片袖机に
引出しの取っ手が全部木で手作りしてあるものがあります。
当時は既製品の取っ手が高価なものだったので
このように端材を使って手作りすることもあったのだとか。

時代が変わって今は
真鍮、ステンレス、木、ガラスなど
様々な種類の既製品の取っ手がありますので
お客さんの好みで選んでもらったりしています。
一つ一つ手作りする方が高くつきますから。

こういう話を職人から聞くと
昔の一般的な職人は
家具は庶民の生活道具であるから
あまり高価にならないように
必要最低限の機能を満たす、ということに
重点を置いていたのでしょうね。

もちろん、お金はいくらかかってもいいからいいものを、
と言われていた恵まれた職人は
最高級の材料を使って、その技能を余すところなくつぎ込み、
美術品ともいうべき家具を作ることができました。

今も伝統工芸の民芸箪笥などで
一竿、数百万という家具があるでしょう。
でも、それは一部の例外ですよね。
美術品としての価値を求めて家具を買う人も
今も昔も多くはいませんから。

ボタンの家具は
やっぱり生活道具という種類の家具になると思います。

でもボタンの職人はとても腕がいいので
(よく勉強しているし、ものすごく手先が器用です)
昭和の一般的な家具よりは高いレベルにあります。

古くなってがたついている家具を見て
ボタンの職人が作った家具もいずれはこうなってしまうのか?と聞いたら

「良く乾いたいい材料を使っているし
反りや狂いが出にくいつくりにしているから大丈夫」
と言ってました。

あー、よかった。
それを聞いて私もブログやお店でみなさんに
ボタンの家具を自信を持っておすすめできますものね。

余談ですが、家具職人の腕というのは千差万別です。
お医者さんだって、やぶ医者とそうでないお医者さんの差はすごくあるし、
自分の健康にかかわることだから、みんないいお医者さんを一生懸命探すでしょう。
家具職人も腕のいい人探した方がいいですよー。

雑誌やテレビなどでも有名なオーダー&オリジナル家具のお店の家具が
修理に持ち込まれたことがあるのだけど
たった数年の使用で反りや割れが出ていて
ひどい状態だったそうです。
[PR]
by botanfurniture | 2008-09-13 07:00

小ぶりの引き戸棚

小ぶりで使いやすいサイズです。

引出しの色だけ濃い茶色なのは
頼んだ人の希望でしょうか、それとも
作った職人さんの遊び心かな。

私は後者だと思うのです。
この戸棚はごく普通の形、大きさ、つくりです(当時としては)。
ボタンの職人もそういうときに、
奇をてらわず、控えめにだけれど
遊び心を加えることがあるからです。

清掃と補修済みです。
e0141202_6492821.jpg

高さ89センチ×幅88センチ×奥行き43センチ
価格 3万5000円
[PR]
by botanfurniture | 2008-09-07 06:23 | 古い家具・道具

大きなベンチ

オーダーでお作りした大きなベンチ。
大人がごろりと横になれる大きさです。
お気に入りのクッションを並べたら
もっと素敵に見えると思います。

オスモカラー仕上げ。
自然塗料を塗った無垢の家具は
落ち着いたとてもいい色になるんです。

一枚目の写真は、仕上げ前。
白っぽい感じです。
e0141202_15491864.jpg


二枚目、三枚目の写真は仕上げ後です。
使いつづけていくうちに、さらにいい味わいが出てきますよ。
e0141202_21611100.jpg
e0141202_2162452.jpg

サイズ 高さ68センチ×幅2メートル54センチ×奥行き82.5センチ
[PR]
by botanfurniture | 2008-09-02 10:06 | 家具 椅子・ソファ

書類整理用の小棚

机の上にも置けるサイズの小さな棚です。
左半分は細かい仕切りがありますが、
右半分は棚板一枚のみとなっています。

実用的かつ簡素なつくりで、
まさに昭和の生活道具といった風体です。

清掃と補修済み。

e0141202_9501097.jpg

サイズ 高さ43センチ×幅87センチ×奥行き35センチ
価格 2万5000円
[PR]
by botanfurniture | 2008-09-02 09:50 | 古い家具・道具


ボタン木工所
〒768-0052
香川県観音寺市粟井町4190-4

TEL/FAX 
0875-27-8478

メールアドレス 
botan-furniture@i.softbank.jp


リンク

うがかな
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧