ボタン木工所 


香川県の山奥にある家具屋です。オリジナル家具とオーダーの木工製品を中心に、新入荷の古道具などを紹介しています。
by botanfurniture
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ショールーム全景

ボタンのショールームは今、こんな感じです。

e0141202_2135592.jpg

[PR]
by botanfurniture | 2008-07-23 21:46 | 日々の仕事

朱色の古いたんす

昔のたんすです。
上下二つに分かれたつくりで側面に持ち運び用の取っ手がついています。
リメイク済み。


e0141202_21292384.jpg

e0141202_212944.jpg

[PR]
by botanfurniture | 2008-07-23 21:31 | 古い家具・道具

朱色の新しいたんす

最近オーダーで作ったものです。
昔のたんすにならって上下二つに分かれたつくりで
側面に持ち運び用の取っ手がついています。
e0141202_21272959.jpg

[PR]
by botanfurniture | 2008-07-23 21:28 | 家具 棚・キャビネット

ダイニングテーブル

無垢材のテーブルのいいところは
木の温かな肌触りが感じられる 、使い込むほどに風合いが出てくるところ、などでしょうか。
木で作られた家具は大事に使えばかなり長く使えます。

お手入れはそれほど難しくありません。
輪染みが気になる方はコースターをお使いください。
木が乾いてきたな、と思ったら家具用のオイル(別にオリーブオイルでも構いません)を塗りこむといいですよ。
それも数年に一回で充分です。
多少の傷やサインペンでの落書きも紙ヤスリでこすればきれいになります。

木は呼吸をしますから、多少縮んだり膨張することもあります。
それも木の良さの一つとしてお考えいただけるとうれしいです。
(もちろん、ボタンでは木の伸び縮みを予測して、作っています。
使用に支障をきたすケースはこれまでありませんのでご安心を)

食卓のテーブルって、家族の心の拠りどころとなるものだと思います。
ボタン木工所では部屋のサイズや人数、好みにぴったり合うものを
お客様とよく相談しながら作っています。
e0141202_17224665.jpg

[PR]
by botanfurniture | 2008-07-18 17:13 | 家具 机・テーブル

小さな机

かわいらしい小さな机です。
机として当たり前のカタチをしていて、使い勝手もいいです。
サイズが小さめなので、ちょっとした書きものやパソコンをする机として
鏡を置いて化粧台として、そんな用途をイメージして作りました。
e0141202_21262093.jpg

[PR]
by botanfurniture | 2008-07-17 21:16 | 家具 机・テーブル

大きな戸棚

棚も引き出しもたくさんある、カギ付きの開き戸もある
こんな大きな戸棚が家にあったら、すっきり片付きそうです。
本でも食器でも好きなものを色々並べて、
眺めて楽しむというのもいいですよね。

価格については高いと思われるかもしれませんが、
職人の手仕事の家具の相場からすると結構良心的な価格なんです・・・。
e0141202_17232936.jpg

サイズ  高さ160×幅170×奥行き40 センチ            
材質 レッドオーク
価格 58万円(材質をナラに変更すると3万円アップします)
[PR]
by botanfurniture | 2008-07-17 21:07 | 家具 棚・キャビネット

古いガラスが入った建具

ボタン木工所の工房とショールームの間に建具を入れました。
木枠は新品で古いサクラ模様のガラスをはめ込んだものです。

1960年中旬ごろ、技術革新により、国内のガラスメーカーによって
様々な模様のガラスが生産されました。
しかし現在では生産が中止されているものも多いです。
だから古い家には様々な模様のガラス戸があるのが普通だけれど、
最近の家ではあまり見かけないのです。
多分、このサクラ模様のガラスも今では手に入らないと思います。

それでもこんな建具が欲しいという方はぜひボタンにご相談くださいね。
ガラスに関してはこのように古い建具のガラスを再利用するとか、
現在生産されているガラスの中から似たようなものを探すとか・・・。
できる限りご協力します。
e0141202_17252029.jpg

[PR]
by botanfurniture | 2008-07-17 20:54 | 建具

玉虫をつかまえたぞ

今日、ボタン木工所の庭で玉虫をつかまえました。
法隆寺の国宝「玉虫厨子」で知っている人も多い美しい虫です。

家に帰って子供に見せたら喜んでました。
大人になると嫌いな人が多くなるけれど
子供はたいていみんな、虫好きなのはなぜでしょうね。

童心に返ってまじまじと見ていると
虫の精巧な体のつくりも、それが作り出す美しさも
つまりはこれも用の美なんだ!なんてことを思ったりして。

ちなみに玉虫はエノキの葉を主食とし
寿命もひと夏と短く、飼うのは難しいそうです。
e0141202_20523012.jpg

[PR]
by botanfurniture | 2008-07-15 08:39

室内建具

ボタンが作った室内建具です。お客さんの希望は「おばあちゃんの家にあったみたいな建具」でした。

一番目の写真は玄関を入ったところにある物入れの戸です。靴なども収納したい、ということでしたので通気性を確保するために上下に麻布を張っています。
デザインは古くからあるものですが、ご要望に合わせてこうした工夫をしてみました。

二番目の写真は押し入れの戸です。部屋をより広く見せるために、このようなシンプルな形になりました。

三番目の写真はパントリーの入り口の扉です。取っ手は金物屋さん巡りをして手に入れた真鍮のデッドストック品。
古さゆえの渋い光り具合がこの写真ではお伝えできないのが残念ですが。

「ディテール(細部)に神宿る」という有名な言葉もありますし、細かいところにも配慮することで満足していただけるものができると思います。

これからもお客さんの思いをカタチにして、喜んでいただけるような仕事をしていきたいです。

e0141202_1419183.jpg


e0141202_1420927.jpg



e0141202_14274880.jpg

[PR]
by botanfurniture | 2008-07-07 14:24 | 建具


ボタン木工所
〒768-0052
香川県観音寺市粟井町4190-4

TEL/FAX 
0875-27-8478

メールアドレス 
botan-furniture@i.softbank.jp


リンク

うがかな
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧